【2019冬アニメ一覧】 【ドラマを観る】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】
不機嫌なモノノケ庵
バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第11話
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第10話
ソードアート・オンライン アリシゼーション
えんどろ~!
えんどろ~! 第11話
えんどろ~! 第10話
W’z《ウィズ》


【2019冬アニメ一覧】 【ドラマフェスタ】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

グレネーダー ほほえみの閃士

『グレネーダー』は、月刊少年エースに連載されていた海瀬壮祐の漫画作品。単行本は全7巻。また、それを原作としたテレビアニメ。

自分の故郷を目指して旅をしているガンマン、天道琉朱菜はその過程で出会った侍の虎島弥次郎、風船使いの紅みかんと共に襲い来る苦難を乗り越えていく。そんなある日、中央天都の天子から琉朱菜に対して賞金首がかけられる。そしてさらに道化師の刺客や十天閃らに命を狙われた琉朱菜は、天子の真意を聞くために中央天都を目指す。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

鉄のラインバレル

『鉄のラインバレル』(くろがねのラインバレル)は、清水栄一・下口智裕による日本の漫画。『チャンピオンRED』(秋田書店)で2005年2月号から2015年6月号まで連載された。

時は2016年、主人公の少年・早瀬浩一たちが社会科見学で訪れた海上都市建設現場で起きた事故は、その後に人工衛星の落下による事故と発表された。被害者となった浩一は事故から半年後に目を覚ますが、彼の中では何かが変わっていた。 そして2019年、突然窮地に陥った浩一の元へ巨大ロボット・ラインバレルが出現する。この出会いにより、浩一の人生は大きく変わっていく。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

黒子のバスケ

『黒子のバスケ』は、藤巻忠俊による日本の漫画作品。

帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。 が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと…。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

黒執事

『黒執事』は、枢やなによる日本の漫画作品。また、それを原作とするアニメ、舞台、実写映画のタイトル。『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス刊)にて、2006年10月号から連載中。

19世紀末期のイギリス。名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家には知識・教養・料理・武術など、すべて完璧な執事セバスチャン・ミカエリスがいた[3]。まだ12歳の幼く我儘な当主シエル・ファントムハイヴの命令を忠実にこなし、役立たずの使用人たちの失敗もフォローする。 実はファントムハイヴ伯爵家は、代々政府の汚れ仕事を引受け、英国裏社会の秩序を守る悪の貴族であり、幼いシエルも「女王の番犬」として任務にあたっていた。さらにシエルには両親を殺害され、自らも誘拐・慰み者になっていたという悲惨な過去があった。セバスチャンの正体はその際に出会った悪魔であり、シエルは自らの魂を対価に彼と契約し、復讐を果たすために敵の正体を追っていた。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』は、2014年10月から2015年3月まで放送された日本のテレビアニメ。全25話。

人間たちは、「マナ」と呼ばれる画期的な情報伝達・物質操作能力を遺伝子操作で生まれつき持ち合わせるようになった。その結果、戦争や環境問題、食料不足などの諸問題は解決し、しばらく世界に安寧の日々が訪れた。 一方で、突然変異により時折現れるマナをあつかえない者たちは「ノーマ」という蔑称で反社会的で野蛮な人物として虐げられ、「ノーマ管理法」と呼ばれる法律に基づき、社会から隔離されるという非人道的な扱いを他の人間からを受けるようになっていった。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

クロスゲーム

『クロスゲーム』(CROSS GAME)は、あだち充による日本の野球漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載された。

主人公はスポーツ用品店・キタムラスポーツの一人息子である樹多村 光(以下「コウ」と記述)。近所のバッティングセンターを営む月島家(父親と長女・一葉、次女・若葉、三女・青葉、四女・紅葉)とは家族ぐるみの付き合いであり、同い年の若葉とは特に親しかったが、その反面1歳年下の青葉とは犬猿の仲だった。 初めは野球に興味がなかったコウだが、青葉の投球フォームを見て憧れ、人知れずトレーニングを始める。そして小5の夏、若葉が突然の事故で亡くなる。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

黒塚 KUROZUKA

『黒塚 KUROZUKA』は、夢枕獏による伝奇SF小説。後に野口賢により漫画化(コミカライズ)され、2008年にはその漫画を原典としたテレビアニメが放送された。

時は鎌倉時代、兄・源頼朝より逃げおおす源義経(源九郎)と武蔵坊弁慶(大和坊)。二人が山中を放浪する最中、黒蜜と名乗る美しい女が一人棲む家に辿りついた。いつしか九郎と黒蜜は男女の関係になる。その黒蜜には恐るべき秘密が隠されていた。実は黒蜜は不老不死の吸血鬼だったのだ。 追手により瀕死の重傷を受けた九朗は黒蜜により血の儀式を交わし、自らも吸血鬼となった。ここから鎌倉、室町、戦国、江戸、明治、大正、昭和、平成、そして近未来と、2人の果てしない旅が始まった。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

クロックワーク・プラネット

『クロックワーク・プラネット』は、榎宮祐・暇奈椿による日本のライトノベル。イラストは茨乃が担当している。講談社ラノベ文庫より2013年4月から刊行されている。略称は「クロプラ」。

〈クロックワーク・プラネット〉 – 今から1000年前、地球の寿命が突然発表された。それから100年後、地球は死の星となった。だが、ある人物により、寿命を迎える前に全てのものが歯車によって再現・再構築されたことにより、人類は生存することができていた。しかし、歯車によって人類は生存できている一方で、破綻と延命といった犠牲を強いることが日常となり、人類は1000年もの間、何も変われずにいた。そんな惑星に暮らしている見浦ナオトの家に、ある日突然一つの箱が落下してくる。その箱に入っていたのは一体の自動人形・リューズだった。そして、二つの出逢いによって運命の歯車は回り始める。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

クロムクロ

『クロムクロ』は、P.A.WORKS制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品。2016年4月より9月までAT-X・TOKYO MX・サンテレビ・KBS京都・BS11[1]・チューリップテレビほかにて放送された。

2016年。日本の富山県には国連主導で造られた「国際連合黒部研究所」が置かれ、過去にその地で発掘された「アーティファクト」と呼ばれる遺物の研究や、人型機動兵器の「ジオフレーム」の実験が行われていた。 ある夏の日、研究所所長の娘である白羽由希奈は、母が忘れた携帯端末を届けようと友人の荻布美夏と二人で研究所を訪れる。だが、突然現れた謎の飛行物体が富山周辺へと落下。落下地点から多数のロボットが出現し、研究所を襲撃する。守備隊が相手を迎撃する中、由希奈が触れたアーティファクトの「ザ・キューブ」から裸の男が飛び出し、彼女を「姫」と呼んで敵に立ち向かった。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ケイオスドラゴン

『レッドドラゴン』(RED DRAGON)は、星海社が運営するウェブサイト最前線にて2012年1月31日から2014年5月29日まで連載された、TRPGリプレイの手法をとった創作物。ストーリーを『夜』という区切りで分けており、第六夜(下)をもって完結。また、星海社FICTIONSからイラストの追加および加筆・修正を加えた書籍版が刊行されている。 本作を原案にクロスメディアミックス企画『ケイオスドラゴン』が立ち上げられた。

本作を原案にクロスメディアミックス企画『ケイオスドラゴン』が立ち上げられた。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

映画けいおん!

『けいおん!』(K-ON!)は、かきふらいによる日本の4コマ漫画作品、およびそれを原作としてメディアミックスで製作される作品群。

唯・澪・律・紬が入学した時点で、桜が丘高校軽音部は前年に部員全員が卒業したため部員数が0となり、新たに4人の部員が入部しなければ廃部となる状況だった。そのため軽音部に入部を希望していた田井中律は自ら発起人となり、幼なじみの秋山澪を半ば強引に入部させ、合唱部の練習場所と間違えて二人のいた音楽室にやってきた琴吹紬も勧誘し、部員数を3人にする。そこに軽音部を「軽い音楽をする部活」と勘違いした平沢唯が4人目として入部したことで、軽音部はなんとか廃部を免れることができた。さらに翌年、新入生の中野梓が入部したことで部員数は5人となる。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

けいおん!!

『けいおん!』(K-ON!)は、かきふらいによる日本の4コマ漫画作品、およびそれを原作としてメディアミックスで製作される作品群。

唯・澪・律・紬が入学した時点で、桜が丘高校軽音部は前年に部員全員が卒業したため部員数が0となり、新たに4人の部員が入部しなければ廃部となる状況だった。そのため軽音部に入部を希望していた田井中律は自ら発起人となり、幼なじみの秋山澪を半ば強引に入部させ、合唱部の練習場所と間違えて二人のいた音楽室にやってきた琴吹紬も勧誘し、部員数を3人にする。そこに軽音部を「軽い音楽をする部活」と勘違いした平沢唯が4人目として入部したことで、軽音部はなんとか廃部を免れることができた。さらに翌年、新入生の中野梓が入部したことで部員数は5人となる。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

けいおん!

『けいおん!』(K-ON!)は、かきふらいによる日本の4コマ漫画作品、およびそれを原作としてメディアミックスで製作される作品群。

唯・澪・律・紬が入学した時点で、桜が丘高校軽音部は前年に部員全員が卒業したため部員数が0となり、新たに4人の部員が入部しなければ廃部となる状況だった。そのため軽音部に入部を希望していた田井中律は自ら発起人となり、幼なじみの秋山澪を半ば強引に入部させ、合唱部の練習場所と間違えて二人のいた音楽室にやってきた琴吹紬も勧誘し、部員数を3人にする。そこに軽音部を「軽い音楽をする部活」と勘違いした平沢唯が4人目として入部したことで、軽音部はなんとか廃部を免れることができた。さらに翌年、新入生の中野梓が入部したことで部員数は5人となる。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】