【2019冬アニメ一覧】 【ドラマを観る】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】
ドメスティックな彼女
ドメスティックな彼女 第6話
ドメスティックな彼女 第5話
魔法少女特殊戦あすか
魔法少女特殊戦あすか 第6話
魔法少女特殊戦あすか 第5話
ブギーポップは笑わない
ブギーポップは笑わない 第8話
ブギーポップは笑わない 第7話
デート・ア・ライブⅢ


【2019冬アニメ一覧】 【ドラマフェスタ】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

地球へ

『地球へ…』(テラへ)は、竹宮惠子による日本のSF漫画作品、およびこれを原作とした派生作品。第9回(1978年)星雲賞コミック部門、第25回(1979年)小学館漫画賞少年少女部門を受賞。

現代から遠く離れた未来―S.D.(Superior Dominance:特殊統治体制、西暦3千数百年)の時代。人類はスーパーコンピュータによる完全な管理の下、子供を教育する専用の惑星と、社会を営む大人の惑星とに分かれていた。 地球から遠く離れた植民惑星アタラクシアで育った少年ジョミー・マーキス・シンは、『目覚めの日』(=14歳の誕生日)の数日前から不思議な夢を見ていた。1人の盲目の美少女と青い髪の若者が会話している場面である。 そして『目覚めの日』、成人検査の最中に、夢に出て来た青い髪の若者に助けられた。実は成人検査とは、社会人としての適性を検査し、過去の記憶を消され洗脳されると同時に、超能力を持つ新人類「ミュウ」を発見し社会から排除するためのものでもあった。“不適格者”(=ミュウ)と診断されたジョミーは抹殺されそうになるが、そこへミュウの手助けが入り、混乱の中ミュウの船へ迎えられることとなる。実はジョミーもミュウだが、繊細なミュウには耐えられないとされる諸検査を、その強靭な精神力でことごとくクリアしていたのだ。

地球へ 第1話 目覚めの日
【YouTube】[1-1

地球へ 第2話 ミュウの船
【YouTube】[1-1

地球へ 第3話 アタラクシア
【YouTube】[1-1

地球へ 第4話 宙からの帰還
【YouTube】[1-1

地球へ 第5話 死の跳躍
【YouTube】[1-1

地球へ 第6話 ステーション E-1077
【YouTube】[1-1

地球へ 第7話 反逆のシロエ
【YouTube】[1-1

地球へ 第8話 震える心
【YouTube】[1-1

地球へ 第9話 届かぬ思い
【YouTube】[1-1

地球へ 第10話 流れの星
【YouTube】[1-1

地球へ 第11話 ナスカの子
【YouTube】[1-1

地球へ 第12話 孤独なるミュウ
【YouTube】[1-1

地球へ 第13話 星に潜むもの
【YouTube】[1-1

地球へ 第14話 同じ記憶
【YouTube】[1-1

地球へ 第15話 変動の予兆
【YouTube】[1-1

地球へ 第16話 赤い瞳 蒼い星
【YouTube】[1-1

地球へ 第17話 永遠と陽炎と
【YouTube】[1-1

地球へ 第18話 再会のアルテメシア
【YouTube】[1-1

地球へ 第19話 それぞれの場所
【YouTube】[1-1

地球へ 第20話 決戦前夜
【YouTube】[1-1

地球へ 第21話 星屑の記憶
【YouTube】[1-1

地球へ 第22話 暮れる命
【YouTube】[1-1

地球へ 第23話 地球へ
【YouTube】[1-1

地球へ 第24話 地球の緑の丘
【YouTube】[1-1

【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語でのみコメント出来ます。