【2019冬アニメ一覧】 【ドラマを観る】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】
火ノ丸相撲
エガオノダイカ
エガオノダイカ 第8話
エガオノダイカ 第7話
とある魔術の禁書目録Ⅲ
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
おこしやす、ちとせちゃん
フライングベイビーズ
ドメスティックな彼女
ドメスティックな彼女 第7話


【2019冬アニメ一覧】 【ドラマフェスタ】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

敵は海賊

『敵は海賊』(てきはかいぞく)は、『S-Fマガジン』1981年4月号に掲載された神林長平のSF小説。

宙への入植が進んだ未来。火星や土星の衛星タイタンにも人が住み、他星系の人間・生物とも共存している。人類の活動範囲の拡大に従い凶悪な星間犯罪も増加しており、それら犯罪者は「海賊」と呼ばれていた。それに対抗するための治安組織として存在するのが広域宇宙警察監査機構・対宇宙海賊課、通称「海賊課」である。海賊課は一部署でありながら強制捜査権を有する超法規的機関である。各刑事は「インターセプター」と呼ばれる装置を身につけ、あらゆる組織のコンピューターへの介入が許可されており、海賊の即時射殺も認められている。しかしながら「海賊を殲滅するためならなんでもあり」的な行動から一般に被害を及ぼすことも少なくなく、ときに海賊と同一視されるなど市民や軍からは嫌われている。 物語は太陽圏の海賊課に所属するラテルチームと、伝説の海賊王・匋冥(ヨウメイ)を中心に展開する。

敵は海賊 第1話 猫じゃらし作戦 前編
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【veoh】[1-1

敵は海賊 第2話 猫じゃらし作戦 後編
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【veoh】[1-1

敵は海賊 第3話 猫かぶり前哨戦 前編
【DailyMotion】[1-1
【veoh】[1-1

敵は海賊 第4話 猫かぶり前哨戦 後編
【DailyMotion】[1-1
【veoh】[1-1

敵は海賊 第5話 猫いらず大騒動 前編
【DailyMotion】[1-1
【veoh】[1-1

敵は海賊 第6話 猫いらず大騒動 後編
【veoh】[1-1

【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語でのみコメント出来ます。