【2019冬アニメ一覧】 【ドラマを観る】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】
火ノ丸相撲
エガオノダイカ
エガオノダイカ 第8話
エガオノダイカ 第7話
とある魔術の禁書目録Ⅲ
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
おこしやす、ちとせちゃん
フライングベイビーズ
ドメスティックな彼女
ドメスティックな彼女 第7話


【2019冬アニメ一覧】 【ドラマフェスタ】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

シュヴァルツェスマーケン

『シュヴァルツェスマーケン』は、内田弘樹による日本のライトノベル。イラストはCARNELIANが担当している。ファミ通文庫(エンターブレイン)より、2011年6月から2014年4月にかけて全9巻(本編7巻、短編集2巻)が刊行された。

『マブラヴ オルタネイティヴ』本編が開始される2001年から18年前…1983年のヨーロッパ。ミンスクハイヴにより、東側から押し寄せる膨大な数のBETA群に対し、ヨーロッパ諸国はドイツ民主共和国(通称、東ドイツ)を盾としてBETAの侵攻を押しとどめ、その間に海外への疎開を進めていた。 激戦区である東ドイツは、ポーランド国境のオーデル川とナイセ川の西岸を要塞化し、徴兵年齢を引き下げ、兵力の殆どをBETA戦に投入する事で、BETAの激しい攻勢を凌ぎ、辛うじて国土を防衛していた。更に、東ドイツの秘密警察組織「国家保安省」(シュタージ)は国民の10人に1人と言われるほど多くの密告者を配置し、国内を徹底的に監視する事で国民の言論の弾圧・反乱分子の摘発を行い、密告される恐怖により国民同士を疑心暗鬼に陥らせる事で国内を統制していた。その監視対象には東ドイツ軍すらも含まれていた。

シュヴァルツェスマーケン 第1話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第2話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第3話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第4話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第5話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第6話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第7話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第8話 
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第9話 
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第10話 
【YouTube】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第11話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

シュヴァルツェスマーケン 第12話 
【YouTube】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【DailyMotion】[1-1
【B9】[1-1

【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語でのみコメント出来ます。