YouTubeドラマフェスタ!
アニメ動画ランキング 人気ブログランキング アニメランキング
約束のネバーランド 予告
五等分の花嫁 第2話
五等分の花嫁 第1話
五等分の花嫁 予告
コード:ブレイカー
GS美神
ゴーストハント
CODE-E
コードギアス ピクチャードラマ(DVD映像特典)
五等分の花嫁

ソードアート・オンライン アリシゼーション

『ソードアート・オンライン』は、川原礫によるライトノベル、およびオンライン小説。イラストはabecが担当している。略称は「SAO」。

西暦2022年、1000人のユーザーによるベータテストを経て、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約10000人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才量子物理学者の茅場晶彦がプレイヤーたちの前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。プレイヤーの一人である少年キリトはこの絶望的なデスゲームで生き残るべく、戦う決意をしてはじまりの街から旅立ってゆく。 しかし、後にSAO事件と称されることになるこの狂気のデスゲームは、仮想世界をめぐる様々な事件の幕開けにすぎなかった。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ゾイドワイルド

2018年7月よりテレビアニメが放送中。ゾイドシリーズとしては、『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』以来17年ぶりの新作となる。ナレーションは銀河万丈、次回予告はイカヅチ役の桐本拓也がそれぞれ担当している。 本作に登場するゾイドは、リアルムービングキット(玩具)の設計に使った3Dデータを用いている。朝日新聞のテレビ番組コラムによれば、10歳前後の小学生向けのアニメなので大人がのめり込むようなストーリーでは無いが、縦横無尽に動き回るメカの描写は格好良い作品であるとコメントしている。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ソードアート・オンライン

『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online)は、川原礫によるライトノベル、およびその関連作品群。小説のイラストはabecが担当している。公式略称は「SAO」。

西暦2022年、1000人のユーザーによるベータテストを経て、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約10000人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才量子物理学者の茅場晶彦がプレイヤーたちの前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。プレイヤーの一人である少年キリトはこの絶望的なデスゲームで生き残るべく、戦う決意をしてはじまりの街から旅立ってゆく。 しかし、後にSAO事件と称されることになるこの狂気のデスゲームは、仮想世界をめぐる様々な事件の幕開けにすぎなかった。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』は、時雨沢恵一による日本のライトノベル。イラストは黒星紅白が担当している。

180センチを超える長身にコンプレックスを抱えてきた女子大生・小比類巻香蓮は、数少ない友人・篠原美優の薦めでVRゲームを始める。長身の美人アバターを嫌う香蓮は、やがて荒廃した世界を舞台に銃器で戦うVRMMORPG『ガンゲイル・オンライン』(GGO)で、念願の低身長アバターに行き着き、プレイヤー・レンとして、それまで縁のなかった銃器の世界へ足を踏み入れる。根が真面目な香蓮は、独り淡々とゲームをプレイするうちに、正体不明の凄腕のプレイヤーとなっていた。 やがてレンは、GGO内で知り合ってスコードロンを組む女性プレイヤー・ピトフーイからチーム戦イベント「スクワッド・ジャム」(SJ)の開催を教えられ、彼女に言われるがままに参加することになる。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

奏光のストレイン

『奏光のストレイン』は、スタジオ・ファンタジア制作の日本のSFロボットアニメーション作品。

はるかな未来。人類は宇宙を舞台にユニオン(連合)とディーグ(帝国)の2つの陣営に分かれて、始まりすら定かではない永い戦争を続けていた。ユニオンは戦争はあくまで人の手によって行われるものである事を尊んだが、ディーグは戦争をただの外交手段としか見なしておらず、合理的かつ効率的に人の手を掛けず行う事を重視していた。 そんな時代に繰り広げられる一組の兄妹の物語。兄ラルフは理由なきままユニオンを裏切りディーグに付き、全てを失った妹セーラは裏切りの理由を知るため、自身の素性を偽り兄との再会を胸に戦い続ける。そんな時セーラが出会った一体の人形“エミリィ”。法に触れる改造を施された真紅のワンオフモデル・ストレイン“ラムダス”。それが彼女の運命の歯車を再び動かし始めることとなる。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

双星の陰陽師

『双星の陰陽師』は、助野嘉昭による日本の漫画。

少年陰陽師焔魔堂ろくろはトラウマから夢を諦め漫然と日々を過ごしていた。ある日突然少女陰陽師化野紅緒と共に陰陽頭土御門有馬に「双星の陰陽師」の称号を与えられる。「双星」の役割とは人類の宿敵「ケガレ」との戦いに終焉を齎す「神子」を生むべく、夫婦になることだった。2人は反発するが共に過ごすうちに互いのトラウマを乗り越え、絆を深めていく。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

蒼天の拳

『蒼天の拳』(そうてんのけん)は、原哲夫による日本の漫画作品。

197X年。第63代北斗神拳伝承者・リュウケン(旧名・霞羅門)は、待望の男児を授かった。リュウケンはこの男児に、兄と同じ「ケンシロウ」という名を付け、蒼天のように奔放で快活だった兄の話をいつか聞かせようと語りかけながら、過去に思いを馳せる。 時は遡り、1935年ごろの日本。女子大で教師をしていた第62代北斗神拳伝承者・霞拳志郎を、李永健という老人がはるばる中国から訪ねてきた。久々の再会を喜び合う2人だったが、李がやってきた目的は、拳志郎の朋友である潘光琳率いる組織・青幇が壊滅したこと、そして拳志郎の恋人である玉玲が殺されてしまったことを伝えるためだった。 拳志郎が日本で平和に暮らしていることを知った李は、あえてそれを伝えずに去ることを決意するが、拳志郎との決着を望む拳士・金克栄との邂逅、そして李が今際の際に残した言葉によって拳志郎はその事実を知る。朋友のために魔都・上海へ戻った拳志郎は、青幇の宿敵・紅華会を滅ぼすため、そして彼らに囚われた潘を助けるために行動を開始し、北斗孫家拳・曹家拳・劉家拳の拳士をはじめとする数々の強敵と出会い、北斗神拳伝承者としての宿命に突き動かされていく。それはやがて、北斗神拳の源流の一つとされる拳法・西斗月拳の使い手であるヤサカ、北斗劉家拳最強の使い手である劉宗武との対決を実現させる。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

僧侶と交わる色欲の夜に…

『僧侶と交わる色欲の夜に…』は、真臣レオンによる日本の漫画作品。

大学生の美桜は中学の同窓会でかつて片想いしていた隆秀と再会するが、彼は実家の寺を継いで僧侶になっており、頭は剃髪して丸めていた。「僧侶なら色恋沙汰には興味ないのでは」という思い込みから美桜はヤケ酒で泥酔してしまい、隆秀に家まで送ってもらうが部屋で介抱するフリから身体の関係寸前まで許してしまう。翌朝、隆秀の家族と顔を合わせる美桜だったが、いきなり「自分の婚約者」と紹介されてしまい…。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ソウルイーター

『ソウルイーター』(SOUL EATER)は、大久保篤による日本の漫画作品。

舞台は死神武器職人専門学校、通称「死武専」。 死武専は、「職人」と「武器」を育成することを目的としており「職人」と「武器」でペアとなって活動していく。その最終目標は悪人の魂99個と魔女の魂1個を「武器」が”食べる”事によって、死神様の武器「デスサイズ」を作り出すことである。 キャッチコピーは「健全なる魂は 健全なる精神と 健全なる肉体に宿る」。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ソウルイーターノット!

『ソウルイーターノット!』(SOUL EATER NOT!)は、大久保篤による日本の漫画作品。

本作は大久保の作品『ソウルイーター』の外伝である。本編『ソウルイーター』の設定を後書きで語ることは不本意であり、説明するなら漫画でやりたいという理由で本作品を始めた。死武専やデス・シティーの設定が詳しく出され、本編とは別方向の見せ方をしている。 舞台は本編の前年度の死武専を描いており、主人公を含む3人の新入生を中心に、マカやソウルなどの本編のキャラクターや本作初出の新キャラクターとの学園生活が主軸となる。 コンセプトは「殺伐だけどウキウキライフ」。本編で語れなかった世界観を知ることができ、また毎月事の本編とノットを見比べればキャラの過去と現在の立ち位置の違いや心情の変化等を見比べることができ、双方の作品をより楽しむことができる内容になっている。

【続き】 【アニメ動画ランキング】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】