【2019冬アニメ一覧】 【ドラマを観る】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】
不機嫌なモノノケ庵
バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第10話
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第9話
ソードアート・オンライン アリシゼーション
魔法少女特殊戦あすか
魔法少女特殊戦あすか 第10話
魔法少女特殊戦あすか 第9話
ドメスティックな彼女


【2019冬アニメ一覧】 【ドラマフェスタ】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

不機嫌なモノノケ庵

『不機嫌なモノノケ庵』は、ワザワキリによる日本の漫画作品。高校入学したばかりの芦屋花繪は、それまで妖怪や幽霊の類を全く信じていなかった。ところが一週間前、突然モジャモジャした妖怪に憑かれて否応なしに妖怪の存在を信じるハメになった。日に日に体調は悪くなり、どうにかしたいと悩んだところで「妖怪祓い屋」の張り紙を見つける。藁にもすがる思いで電話をかけると、現れたのは物怪庵の主・安倍晴齋だった。やがて芦屋は物怪庵や安倍を通じて妖怪と交流していき、彼らへの理解を深めていく。 【アニメをみる】

【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ブギーポップは笑わない

「ブギーポップシリーズ」は、上遠野浩平による日本のライトノベルシリーズ。第1作『ブギーポップは笑わない』は第4回電撃ゲーム小説大賞受賞作品で、著者のデビュー作でもある。イラストは緒方剛志が担当。
“世界の敵”と戦うために一人の少女の中から浮かび上がってくるブギーポップと名乗る人格と、様々な夢や、希望や、あきらめや、悩みや、いろいろな思いを持っている少年少女達の物語。 【アニメをみる】

【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

FAIRY TAIL ファイナルシリーズ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は、真島ヒロによる日本の漫画作品。
世界中に幾多も存在する魔導士ギルド。そこは、魔導士達に仕事の仲介などをする組合組織である。立派な魔導士を目指す少女ルーシィは、ひょんなことから火を食べ火を吐き火を纏う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと喋る青い猫ハッピーと出会い、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。しかしそこは、ルーシィの想像を超えた荒くれ者が集まるギルドだった。問題児だらけの「妖精の尻尾」だが、ナツとルーシィはチームを組んで順調に依頼をこなして行き、次第に魔導士としても成長していく。 【アニメをみる】

【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ブラッククローバー

『ブラッククローバー』(Black Clover)は、田畠裕基による日本の漫画作品。
かつて世界が魔神とよばれる存在によって滅ぼされようとした時、1人の魔導士が現れて魔神を打倒し、世界を救った。後にその魔導士は伝説となり、魔法帝と呼ばれた。 それから時は過ぎ、クローバー王国は代々の魔法帝とその下に存在する9つの魔導士集団「魔法騎士団」によって、平和を謳歌していた。そこに住む下民で孤児の少年・アスタは、同じ孤児である少年・ユノと共に、魔法帝を目指して日夜鍛錬を続けていたが、魔法の才能溢れるユノとは正反対に、アスタは全く魔法を使えずにいた。 やがて15歳になり、魔導書(グリモワール)が授与される日、ユノをはじめとする周囲の者達へ魔導書が与えられるが、アスタだけには与えられなかった。その後、ユノの魔導書を狙う盗賊によって、アスタは自分が生まれながらに魔力を一切持たない人間であることを知る。アスタは絶望して夢を諦めかけるが、ユノの言葉に闘志を再び滾らせ、魔法を無効化する力を宿した「五つ葉の魔導書」を手に入れ、盗賊を撃退する。 改めて魔法帝を目指すことを決意したアスタは、半年後、最低最悪の魔法騎士団と言われる「黒の暴牛」に、ユノは最強の魔法騎士団「金色の夜明け」にそれぞれ入団する。2人の魔法帝を目指すための一歩が、ここから始まる。 【アニメをみる】

【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

Fate/EXTRA Last Encore

『Fate/EXTRA』(フェイト・エクストラ)は、TYPE-MOONのビジュアルノベル『Fate/stay night』を原作とする対戦型ダンジョンRPG。開発は原作担当のTYPE-MOONと、イメージエポック。

西暦2032年。月面に人類のあらゆる叡智を超える物体が発見された。「ムーンセル・オートマトン」と呼ばれるその物体は、あらゆる事象をコントロールすることが可能な力を持つことが後に判明する。意思ある者が持てば世界さえも掌握できる万能の願望機「聖杯」に等しいこの物体を手に入れるため、世界各地の組織・勢力が「ムーンセル・オートマトン」の作り出す霊子虚構世界「SE.RA.PH」にアクセスし、「ムーンセル・オートマトン」が自身に相応しい担い手を選別するために行う「聖杯戦争」へと参戦するのだ。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

BTOOOM!

『BTOOOM!』(ブトゥーム!)は、井上淳哉による日本の漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ作品。

自宅で日々オンラインゲーム「BTOOOM!」に没頭していた坂本竜太は、世界ランキング10位の日本人プレイヤー「SAKAMOTO」として注目される存在で、運営会社ティラノスのデバッグをしていた。定職に就かず、引きこもり同然の彼を持て余した母親は、ティラノスから送られた用紙に息子の名前を書いて、自らは自殺未遂を図る。 ある日竜太は、南海の孤島のジャングルで目を覚ます。そこにいる理由も分からぬまま、竜太は同じく島へ連れ去られて来た人々との、効果の異なる8種類の爆弾「BIM」を駆使した、リアル版「BTOOOM!」による殺し合いを強いられることになる。各プレイヤーの左手に移植された「ICチップを8つ」奪うことでゲームクリアを目指すルールにより、32人のプレイヤーのうち最大4人しか生還できない熾烈なゲームであった。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

Φなる・あぷろーち

『Φなる・あぷろーち』(ふぁいなる・あぷろーち)は、2004年10月7日にプリンセスソフトから発売された、PlayStation 2用の恋愛アドベンチャーゲーム。

あるバレンタインデーの日、水原涼の家に1人の少女が訪ねて来た。彼女の名は益田西守歌。彼女は1包みのチョコと共に指輪を取り出し、強引に涼の指にはめる。それも、無理に外そうとしたら爆発するという言葉と共に。西守歌は更に、自分が涼の許嫁だと語る。こうして涼の、波乱に満ちた結婚相手選びが始まるのであった。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ファイナルファンタジー

『ファイナルファンタジー』(FINAL FANTASY、英名:Final Fantasy:The Spirits Within)は、2001年に公開された世界初のフル3DCGによるSF映画。2001年度文化庁メディア芸術祭において審査委員会特別賞を受賞。 ビデオゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親、坂口博信が手掛けた初の映画作品で、坂口が率いるスクウェア(現・スクウェア・エニックス)とハリウッドスタッフが手を組み、製作費総額1億3700万ドルをかけて製作された。『ファイナルファンタジー』のイメージ作品として、ガイア理論をテーマに描かれた。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ファンタシースターオンライン2

『ファンタシースターオンライン2』(ファンタシースターオンラインツー、PHANTASY STAR ONLINE 2)は、セガゲームス(旧セガ)が開発・運営するオンラインゲーム。 『PSO2』と略される。

三人称視点(TPS)のアクションゲーム。全体的な難易度は低め。自由度の高いキャラクタークリエイト、アバターの着せ替え要素、レアアイテムの探索がメインコンテンツ。 キャッチコピーは「新たなる10年へ」「終わりなき冒険を、今ふたたび。」「RPGの未来を、君の手に。」「ぶっ飛ぼうぜ、 超現実へ」「集え、英雄! 伝説のPSO2へ」など。 ゲームコンセプトとしては「4つの革命」と題して、「無限の冒険」「オンラインRPG最高のアクション」「究極のキャラクタークリエイト」「境界を超えるRPG」の4項目が詳細に解説されている。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ファンタジスタドール

『ファンタジスタドール』(FANTASISTA DOLL)は、フッズエンタテインメント制作による日本のオリジナルアニメ作品。関連企画として小説、コミック、ゲームなども制作され、メディアミックス作品プロジェクトでもある。

ドールの描かれたカード。これを「ファンタジスタドール」と呼ばれている。このカードを入手した主人公の鵜野うずめはそのマスターとなり、ドールたちとの友情を深めたり、ライバルとバトルで対峙したりする物語。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

ファンタジックチルドレン

『ファンタジックチルドレン』(FANTASTIC CHILDREN)は、日本アニメーション制作による日本のテレビアニメ。

時は2012年、南の島・パパン島で両親と暮らす少年・トーマは、ある日島の遺跡でヘルガという少女と出会う。無口で、どことも知れぬ場所の絵を描いては、そこに行きたいと言う彼女の願いに、トーマはヘルガを慕う少年・チットと共に、ヘルガを“行きたい場所”へ連れていこうとする。 何十年かおきに現れる、謎の黒衣の子供たち。“ベフォールの子供たち”と呼ばれる彼らは、長い長い年月をかけ、ある一人の人物を追いかけ続けていた。繰り返される年月に疲弊し、謎の少年・デュマの妨害によって仲間を減らしながらも、彼らはただ、ひたすらに“彼女”を追い求め続ける。 少年少女の連続失踪事件を追う刑事・クックスは、捜査の中で“ベフォールの子供たち”と呼ばれる存在に辿り着く。追い求めるほどに深まる子供たちの謎、不可解な現象、そして現れる謎の青年。一体、失踪した子供たちにどんな秘密が隠されているのか。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

Phantom~Requiem for the Phantom~

『Phantom 〜Requiem for the Phantom〜』(ファントム レクイエム・フォー・ザ・ファントム)は、ニトロプラスのアダルトゲーム『Phantom -PHANTOM OF INFERNO-』を原作としたテレビアニメで、同社の10周年記念プロジェクト作品でもある。 全26話、原作でシナリオを担当した虚淵玄も本編の脚本に参加するなど、2004年発売のOVA版『Phantom -PHANTOM THE ANIMATION-』よりオリジナルを尊重した内容となっている。

犯罪組織・インフェルノの暗殺者・ツヴァイは、ファントムの称号を持つインフェルノ最高の暗殺者・アインと共に、与えられたミッションをこなす日々を送っていた。実はツヴァイは平凡な日本人旅行者だったが、インフェルノの幹部・サイス=マスターに暗殺者としての才能を見出されて記憶を消去され、インフェルノに取り込まれていたのである。 ツヴァイを暗殺者として養成する際、サイスは思考能力が失われるほどの激しい訓練をツヴァイに課し、彼を完全な組織の奴隷として育て上げようと目論んでいた。しかし、サイスの知らないところで、ツヴァイは運命の力に負けない意志を取り戻す。サイスの目を盗み、彼の上司であるクロウディア・マッキェネンがツヴァイの耳元で「君は組織の奴隷と思ってはいけない」とささやき、自由な生き方が残されている可能性を示唆していたのだ。自分が本当は何者なのかも思い出せないながら、ツヴァイは心の奥底で組織の奴隷ではない生き方を模索し始めた。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

風夏

『風夏』(ふうか)は、瀬尾公治による日本の漫画。

6月から父母がアメリカへ行くことになり、姉妹の勤務先や通学のために東京の高校へ転校してきた榛名優は、転校先の高校で秋月風夏と出会う。また、幼馴染であった氷無小雪ともTwitterで連絡が来る。優の発言がきっかけでこれまでやりたい事が見つからなかった風夏は音楽をやる事を決意し、優、風夏、三笠でバンドを組むことになる。後で、那智と沙羅も加わることとなる。 その後、楽器を買うお金を得るため海の家でバイトをしている中、風夏と優は距離を縮める。 また、優達のバイト先の海の家でオーナーを務める矢矧伸明と、優たちの学校の教師である友美、後に加入する石見沙羅の兄で友美と海の家に遊びに来た寿を含めた3人がニコとたまを除く伝説のバンド『ヘッジホッグス』のメンバーであったことが発覚する。 その後、優の家の前で小雪と優が会っている写真を第三者に撮られ、Twitterで拡散されてしまい大炎上、学祭でのライブは大変なことになってしまう。 しかし、なんとか演奏が終わり、その後ブッキングライブにも呼ばれる。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】

Fate/stay night

『Fate/stay night』(フェイト・ステイナイト)は、2004年1月30日にTYPE-MOONから発売されたコンピューターゲームで、ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。 遠坂凛は、前回の聖杯戦争で命を落とした父の遺志を継ぎ、聖杯戦争に挑もうとしていた。凛はサーヴァントの召喚を万全の状態で行おうとしたものの、家の時計がずれていた事を忘れていたために、サーヴァントは別の部屋に召喚されてしまい、その部屋へ駆け付けるとそこには瓦礫の上にふんぞり返る男がいた。彼は凛のサーヴァントであるにも関わらず、凛の言うことを聞かずに挑発する態度を取ったため、業を煮やした凛は令呪を使って言うことを聞かせるという暴挙に出てしまう。その効果は薄かったものの、彼は凛を認め自身のクラスはアーチャーだと答える。その後、学校に結界が張られていることに気付き、学生の居ない夜間に調査を開始するが、そこに敵のサーヴァント・ランサーの妨害が入り戦うこととなる。アーチャーは弓ではなく双剣で対抗し緊迫した雰囲気になるが、この戦いを学生に目撃された事により、ランサーが口封じのためにその学生を殺害する。これにより、この戦いは流れランサーに殺害された学生を凛が確認すると、その学生は凛の顔見知り・衛宮士郎だった。凛は、士郎に出来る限りの蘇生を施してその場を後にするが、ランサーが見逃すハズは無いだろうと士郎の家に向かうも、そこで新たに現れたサーヴァントに奇襲されたアーチャーが倒れ、見えない武器を突き立てられる。そのサーヴァントは小柄な金髪の少女で、凛が真に望んでいたサーヴァント・セイバーだった。

【アニメをみる】 【2019冬アニメ一覧】 【ドラマをみる】 【人気ブログランキング】 【アニメランキング】