【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】
ワンピース19thホールケーキアイランド編 
FAIRY TAIL ファイナルシリーズ
ポケットモンスター サン&ムーン
キラッとプリ☆チャン
この音とまれ!
この音とまれ! 第12話
この音とまれ! 第11話
ぼくたちは勉強ができない
ぼくたちは勉強ができない 第12話
ぼくたちは勉強ができない 第11話

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

FAIRY TAIL ファイナルシリーズ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は、真島ヒロによる日本の漫画作品。
世界中に幾多も存在する魔導士ギルド。そこは、魔導士達に仕事の仲介などをする組合組織である。立派な魔導士を目指す少女ルーシィは、ひょんなことから火を食べ火を吐き火を纏う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと喋る青い猫ハッピーと出会い、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。しかしそこは、ルーシィの想像を超えた荒くれ者が集まるギルドだった。問題児だらけの「妖精の尻尾」だが、ナツとルーシィはチームを組んで順調に依頼をこなして行き、次第に魔導士としても成長していく。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

ポケットモンスター サン&ムーン

『ポケットモンスター サン&ムーン』は、ゲームソフト『ポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメ。『ポケットモンスター XY&Z』の続編となる。「ポケモンSM」などと略されることがある。マサラタウンの商店街の福引きでハナコのバリヤードがアローラ地方の観光旅行チケットを当てたため、サトシとピカチュウは母のハナコとバリヤードと共にアローラ地方の観光旅行へとやってきた。サトシは数々の新しいポケモンたちに興奮する中、ポケモンスクールを訪れる。アローラ地方に伝わる特別な技・Zワザを目にしたサトシは、その夜メレメレ島の守り神カプ・コケコに出会い、Zリングを渡される。ポケモンスクールに通うことになり、クラスメイトによるサプライズ歓迎会が行われる中、カプ・コケコとポケモンバトルをすることになる。島めぐりで試練を乗り越え、自らの力でZクリスタルを獲得し、Zワザを使いこなせるようになるべくサトシとスクールの仲間達のスクール生活と冒険が始まった。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

キラッとプリ☆チャン

誰でもチャンネルを開設して自分流のパフォーマンスを発信できる動画サイト「プリ☆チャン」が舞台。多くの女の子たちは、テレビやPC、スマートフォンを通じて視聴され、国民的エンターテインメントとなっている「プリ☆チャン」でトップアイドルになる夢を抱いている。 思わぬ出来事から「プリ☆チャン」でアイドルデビューしてしまったきらりヶ丘中学校1年生の桃山みらいと萌黄えもは、同級生の青葉りんかをマネージャーに迎え、同じ中学の人気プリ☆チャンアイドル赤城あんなに勝つことを目標に悪戦苦闘を繰り広げる。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

この音とまれ!

『この音とまれ!』は、アミューによる日本の少年漫画。作者の連載デビュー作であり、『ジャンプスクエア』(集英社)において、2012年から連載中。
本作の主人公・久遠愛は、ある年の春、神奈川県の県立高校・時瀬高校に進学し、箏曲部に入部する。当時、箏曲部の部員は部長の倉田武蔵1人しかおらず、箏曲部は廃部の危機に瀕していたが、愛に加え、箏の家元の娘・鳳月さとわや、愛の友人の足立実康・水原光太・堺通孝が入部したことで、部員不足による廃部の危機から脱する。しかし、愛のことを快く思わない教頭が箏曲部の廃部を目論んだため、部員たちは部の存続を懸けて、1か月後に全校生徒の前で演奏を披露することになる。1か月後、演奏に臨んだ箏曲部の部員たちは、教頭から部の存続を勝ち取る。その後、武蔵の同級生・来栖妃呂を加えて計7名となった箏曲部は、関東地方の高校の箏曲部が出場する「関東邦楽祭」にエントリーする。時瀬高校箏曲部は入賞を逃すが、箏曲部の顧問・滝浪涼香は部員たちの演奏を認め、以後、積極的に部員を指導するようになる。2学期に入り、外部指導者・堂島晶の指導もあり演奏技術の底上げに成功した箏曲部は、翌夏に開催される全国大会への出場を目指して神奈川県予選に臨む。そして、全国大会の常連校である姫坂女学院や、関東邦楽祭で姫坂女学院を破った珀音高校といったライバル校を破り、全国大会出場を決める。翌年の春、新入生の由永侑と百谷名都の2人が入部し、時瀬高校箏曲部は計9名で全国大会に臨むことになる。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

ぼくたちは勉強ができない

『ぼくたちは勉強ができない』は、筒井大志による日本の漫画作品。略称は『ぼく勉』。天賦の才能と希望する進路のミスマッチに悩む同級生のヒロインたちを志望大学に合格させるため、男子高校生の主人公が教育係として奮闘するラブコメディ。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2017年10号より連載中。
主人公の唯我成幸は、一ノ瀬学園に通う高校3年生。一ノ瀬学園には歴代の生徒の中でも特に優秀な生徒に限り、大学進学にかかる全ての費用を学校側が負担する特別VIP推薦の制度があり、貧しい家族に楽な生活をさせたいと願う成幸はその推薦を獲得すべく日夜勉学に励んでいたものの、理系科目で緒方理珠に、文系科目では古橋文乃に後れをとっていた。そんな中、成幸は推薦の審査面談にて学園長から条件付きで推薦を許可される。その条件とは、「理珠と文乃の2人の教育係に就き、2人が志望する大学に合格させる」ということだった。しかし、2人はいずれも他人が羨む才覚を持ちながらも、それぞれ不得手な分野に強い憧れや将来の夢を見いだしており、理系科目が得意な理珠は文系の大学、文系科目な文乃は理系の大学をそれぞれ志望していた。いずれも志望科目の成績は壊滅的で、またいずれも天性の才覚に頼るタイプであるため、互いに得意科目を教え合うのも上手くいかない。さらに成幸は、スポーツ特待生だが勉強全般が苦手な武元うるかの面倒も見ることになる。彼女たちが抱える、本気で打ち込みたいことが上手くいかないことの苦しみに共感するところのあった成幸は、才能に恵まれずとも努力で自分の成績を伸ばしてきた今までの経験を生かして勉強の仕方を教え、彼女たちの希望する進路を尊重しようと奮闘する。また彼の前任の教育係であり、自身の苦い経験から、無謀な夢を諦めさせて天賦の才能を生かす方向に導くべきとして成幸の方針に批判的な立場を取る教師の桐須真冬にも、どうにか歩み寄り、方針を認めてもらおうとする。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

鬼滅の刃

『鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。時は大正。主人公・竈門炭治郎は亡き父親の跡を継ぎ、炭を売って生活していた。慎ましくも幸せな毎日だったが、炭を売りに下山するために家を空けたある日、家族を皆殺しにされてしまう。さらに唯一生き残った妹・竈門禰豆子も凶悪な鬼と化してしまった。禰豆子に襲われ、これを必死で止めようとした炭治郎を救ったのは冨岡義勇と名乗る剣士だった。冨岡は禰豆子を「退治」しようとするが、兄妹の絆が確かに残っていることに気付き剣を収める。「人喰い鬼」、それは噂にとどまらず、確かに存在していた。そしてそのような鬼を狩るべく、人知れず剣を振るって戦う組織「鬼殺隊」があった。禰豆子には、鬼の血が入ったのだという。冨岡の導きで「育手」鱗滝左近次の元を訪れた炭治郎は、禰豆子を人間に戻す方法を求め、鬼を追うため剣術の修行に身を費やす。2年後、炭治郎は命を賭けた最終関門である選別試験を経て、「鬼殺隊」に入隊する。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

ノブナガ先生の幼な妻

『ノブナガ先生の幼な妻』は、紺野あずれによる日本の漫画。『月刊アクション』(双葉社)にて、2017年7月号から連載中。
織田信長の末裔とされる織田信永は、ハーレムを作りたいという願望を抱いているが、彼女が出来ることもなくアラサーにさしかかろうとしていた。ある日、ノブナガは実家の蔵で割れた茶碗に触れた瞬間、空中から謎の少女が出現する場面に出くわす。ノブナガは少女の言動から、彼女が後の信長の正妻となる帰蝶だと気づくが、帰蝶は自分はあくまで形式として織田家に嫁いできたことを明確にし、妻の役目として子作りをノブナガに迫ってくる。こうして、夢の実現のためにあくまで好かれたいノブナガと帰蝶の攻防が始まるが、やがて信長の側室を名乗る転生者や側室の魂を宿す者がノブナガの周囲に次々と登場する。ノブナガは、信長に関係ある人間ばかり現れる原因がこの世に残した未練にあるからではないかと推測し、それを断ち切るための手段を講じるようになる。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

女子かう生

『女子かう生』(じょしかうせい)は、若井ケンによる日本の漫画作品。双葉社の『WEBコミックアクション』にて、2013年9月27日から連載中。 本作は女子高生の日常を描いたサイレント漫画であり、吹き出しはほとんど使われず、登場人物の名前はスマートフォンの画面や名簿などに記されている。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】

超可動ガール1/6

『超可動ガール1/6』は、ÖYSTERによる日本の漫画。『コミックハイ!』(双葉社)、同誌休刊後は『月刊アクション』にて連載された。大好きなアニメのフィギュアを買った青年と、何故か動きだしてしまったアニメのフィギュアの奇妙な日常を描く「夫婦生活ギャグ」漫画。
三次元(現実)の女性に興味が無い硬派なオタク房伊田春人は、「フィギュアに手を出すと取り返しのつかない事になる」との訓を受けてフィギュアを敬遠していたが、自分が大好きだったアニメ「少女→惑星探査」のノーナがフィギュアとして発売されたのを機にそのフィギュアを購入してしまう。そしてその夜、何故か動き出したフィギュア・ノーナとの交流から一人と一機(?)の夫婦的生活が始まる。 【動画視聴】

【春アニメ一覧】 【春ドラマ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【アニメRANK】